TOP   作品年表

 

時は戦国、命をかけるは、
 
恋か、さだめか。

 
 
(作・咲花圭良)

ケータイサイト工事中

* 「小説家になろう」サイトの姉妹ページ、「タテ書き小説ネット」では縦書きPDFでご覧になれます。


第1部

 時は戦国、山深い大木村に、「巫女姫」と呼ばれる少女がいた。年は十九、小夜(さや)という。風を操る不思議な力を持っていたが、その力は村内だけの秘密とされていた。
 ある日小夜は山の中、峠へ向かう道で、負傷した敵兵をみつけるが…

第一章第二章第三章第四章第五章第六章
第七章第八章第九章第十章第十一章第十二章(最終章)

(1991年秋執筆、2003.7.7更新開始2004.3.31更新終了)

第1部更新時のエピソード集



第2部

 小夜の妹信乃(しの)は、大木村から南西の方角にある玉来村にたどりついた。意識不明のまま、玉来村の長、由良藤吾の息子藤吉郎と、その村に常駐する巫女・橘に助けられる。
 やがて意識を取り戻した信乃は、大木村の村民が領国内各所に逃げ延び、大木村が許可なく立ち入りできなくなったことを知る。

第一章第二章第三章第四章第五章第六章
第七章第八章第九章第十章(最終章)

(2008年1月23日〜2008年10月15日連載) 
 

小説更新日記・第2部抜粋


第3部

 大木村から帰った信乃は、現実をみつめ、とりあえずは「気封じの玉」に力が封じられなくても、なんとか力を制御できるようにと、かつて姉が修行時代に習っていた剣を習おうと思い立つ。
 年が明け、巫女・橘に相談すると、藤吉郎に相談せよというが、藤吉郎には「女人に剣は不要」と言われた。
 一方、由良家恒例の正月の席で、信乃は由良藤吾と橘に、「言い交わした男」の存在を問われ、いいなずけがいたことを明かすが、そのことをきいて藤吉郎は激しく動揺する。

第一章第二章第三章第四章第五章第六章
第七章第八章第九章(最終章)

(2009年1月04日〜2009年9月連載) 
 

小説更新日記・第3部抜粋


第4部

 どこからともなく現れる「白い女」に苦しめられる信乃。姉「小夜」の恋を思い返し、己自身、心の行き着く場もなく、ただ惑うばかりだった。
 そんな折、高階との開戦の日は着々と近づいてくる。いよいよ戦の準備にとりかかる藤吉郎だったが…。

第一章第二章第三章第四章第五章第六章
第七章(最終章)

(2009年9月〜2010年06月05日連載)
 

小説更新日記・第4部抜粋

 


 

当ページバナー  (since20080127)

Copyright(c)2003-,Kiyora Sakihana. All rights reserved.
著作権は咲花圭良が所有しています。